演出の一つ

これからの動向はどのようになっていくか

結婚式、特に披露宴の演出の1つとしてプロフィールビデオやエンディングムービーなどムービーを使った演出が今や必要不可欠であるといえます。 コンピュータやオリジナル。動画ソフトの開発により誰もがムービーを作ったり編集したりできるようになるなか、せっかくの結婚式披露宴だからこそ心に残るものにしたいという新郎新婦の要望はますます強くなってくると思われます。 最近では、新郎新婦の幼い頃の写真だけでなくご本人による出会いからプロポーズまでの再現ドラマや友人たちによるお祝いのメッセージなど様々なものが出現しており今後もますます多様化すると考えられます。 編集の早さを生かして結婚式の数分後には早くもムービーにするなど新たな取り組みが広まると考えます。

結婚式のムービーで注意すべき点について

結婚式のムービーについては注意すべき点がいくつかあります。個人でもDVDソフトやムービーの編集が簡単にできるようになった反面、編集したムービーが式場の機械では映らないといったトラブルも考えられます。ですので事前にしっかりと画像が映るかを確認しておく必要があります。 結婚式の様子を撮影して披露宴でムービーを流すといったような場合は、結婚式場によっては撮影が禁止されるているところもありますので事前に確認しておくことが必要です。友人の結婚式などで余興としてムービーを作成する場合には、内輪ウケになったり下品なものになったりしないように注意をします。 列席者の名前をエンディングムービーに探す場合は誤字脱字にはもちろん敬称についても気をつけます。